サービスとその種類
障害福祉サービスとその種類とは

障害福祉サービスとその種類

障害福祉サービスとは

自分だけでなく、家族や友だちまで、みなさんが関わる可能性が高い「障害」。

障害福祉サービスは、日々の生活を支援する有益な社会資源です。

いつ身近な所にもたらされるか分からないが故に、その際うろたえないために必

要な知識を持っておくことをおすすめします。

障害福祉サービスの仕組み

障害福祉サービスというのは、身体や精神に障害を持つ方や特定の疾患がある方

が地域の中で日常生活を維持できるように、支援するサービスになります。

自宅や施設での介護とか自立訓練といった各種のサービスを、利用料金の一部負

担で利用できます。

どんな人が使用できるサービスなの?

身体や精神に障害のある方や特定の疾患を持つ方が対象になります。

どのくらいの費用が必要になるの?

サービス・時間・地域などにより金額は違いますが、基本的にサービス利用料金

の1割をご負担いただきます。

どんなときにサービスを使えるの?

・入浴介助や排泄のサポートをしてもらいたい

・お買物に行きたい

・食事の用意や清掃をして欲しい

・通院とか市役所等の官公署に手続きに出向く時に付き添ってもらいたい

・余暇活動を行う時に外出の付き添いをしてもらいたい

・介護者が不在の折など、一時の間施設で見てもらいたい

・視力障害があり、外出の同伴、代読を行なってもらいたい

   ※提示しているサービス項目は一部になります。

 障害者福祉サービスの種類について

障害者総合支援法にあるサービスは、大きく2つに分かれています。

個人の状態をふまえて決められる「障害福祉サービス」と、市町村の

創意工夫により柔軟に決められる「地域生活支援事業」の2つとなります。

障害福祉サービスの種類一覧

種    類 内          容
居宅介護 自宅に居ながら、入浴、排せつ、食事の介護等をしていきます
重度訪問介護 重度の肢体不自由者で常時介護を要する人に、ご自宅で、入浴、排せつ、食事の介護、外出する際に伴う移動サポートなどをトータルにしていきます
行動援護 自己判断能力が制限される人が動くときに、危険を避けることに必要な支援、外出支援をおこないます
重度障害者等包括支援 介護の必要性が極めて大きな人に、居宅介護等幾つものサービスをトータルにしていきます
児童デイサービス  障害児に、日頃の生活においての基礎的な動作の指導、集団生活への適応訓練などをおこないます
短期入所 自宅に居ながら介護する人が病気の場合等の場合、短い期間、夜間も含め施設で、入浴、排せつ、食事の介護等々をしていきます
療養介護  医療と常時介護が必要な人に、医療機関で機能訓練、入院生活における管理、看護、介護並びに日頃の生活のアシストをおこないます
生活介護  常に介護が必要な人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護などを行うと共に、創作的活動もしくは生活活動の機会を用意します
施設入所支援  施設に入所する人に、夜の時間帯や休日、入浴、排せつ、食事の介護などをしていきます
共同生活介護(ケアホーム) 夜間や休日、共同生活を行う住宅で、入浴、排せつ、食事の介護等を行います(グループホームよりも重い人に向けてのサポートです)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)  自立した通常生活または社会生活が出来るよう、一定期間だけ、身体機能又は生活力のアップのために必要とされる訓練を実施します
就労移行支援 一般企業等への就業を望んでいる人に、一定期間だけ、就労に欠かせない知識並びに能力アップのために欠かせない訓練をおこないます
 就労継続支援A型

  (雇用型)

一般企業等での就労が難しい人に、就業する場を提供すると共に、知識及び能力のアップのために必要な訓練をしていきます

障害者と雇用契約を結び、原則として最低賃金を保障するしくみの”雇用型”の障がい福祉サービスです

就労継続支援B型

(非雇用型)

一般企業等での就労が難しい人に、就業する場を提供すると共に、知識及び能力のアップのために必要な訓練をしていきます

B型は雇用契約を結ばず、利用者が作業分のお金を工賃としてもらい、比較的自由に働ける”非雇用型”です。

共同生活援助(グループホーム) 夜間や休日、共同生活をおこなう住宅で、相談や毎日の生活における援助をおこないます

※障害の種別・支援程度区分のほか、「地域生活支援事業」については 市町村ごとに利用できるサービスが異なります。

KEIPE甲府

動画で見る就労継続支援

動画で見る 就労継続支援A型

求人をさがす

ハローワークインターネット

スポンサードリンク